2008年08月28日

お知らせ

「こっちゃんとなかまたち」の4コマ漫画は、前回で100回になりました。
ほんとうに長い間御愛顧いただきましてありがとうございました。
これを機に一旦お休みいたします。
春になったら又、元気な小さな女の子「こっちゃん」となかまたちをお目にかけましょう。
どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。


こっちゃんひとこま.jpg
posted by こっちゃん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

こっちゃんの1日

4こまマンガ101.jpg

やはり暑いせいか今年のアサガオはあまり良くなかった。
葉は色も悪く少ないし花も元気がない。
植木鉢にヘチマの芽が出たのでそのままにしておいたがやはり大きくはならなかった。
「おやつ」は卵と粉とおからと砂糖と重曹を混ぜて焼いたもの。
時々あんこや干しぶどうが入る。
posted by こっちゃん at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

ひおうぎのお花

4こまマンガ100.jpg

夏が来るたびにずっと見てきたがヒオウギの花のミツはアゲハチョウしか飲まないらしい。
とにかく忙しそうに花から花へ飛び回っている。
なぜそんなに急ぐのか考えてみたが1つには花が昼の間しか開いていないからだろう。
夕方曇ってくるだけでも閉じてしまい次の日はもうう咲かない。
種は黒く冬の間に自然に落ちる。
その場所が嫌いでなければ春に芽が出てどんどん増える。
嫌いか好きかはその植物本人でなければわからない
posted by こっちゃん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

木イチゴとムカゴ

4こまマンガ099.jpg

木イチゴは熟すと黒くなるもので酸っぱく種が多い。
一度枯れたのがまた出てきたのだ。
今年はたくさん採れたのでジャムを作るつもりだ。
ムカゴはヤマイモのつるにできる実のようなもの。
「珠芽」とか「肉芽」とか言うらしい。
ちょっと触っただけでポロポロ落ちてくる。
ごはんに炊き込んで食べるとおいしい。
イモが土の中ではなく空中にできるということはいつ見ても面白い。
posted by こっちゃん at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

ピーマンとナスのムシ

4こまマンガ098.jpg

カメムシの卵はピーマンやシソの葉のうらに付いている。
銅のような色で本当にキラキラしている。
きれいだからといって残しておくと大変だ。
カメムシの子供は灰色で形はアブラムシに似ている。匂いは親に同様である。
ナスの葉を食べるのは菜食のテントウムシで私達は「悪いテントウムシ」と呼んでいる。
ちなみに「良いテントウムシ」はアブラムシを食べてくれる
いわゆる普通のテントウムシのことである。
4コマ目でナスの実を食ったのは、また別のムシだと思われる。

posted by こっちゃん at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

キューリとトマトとピーマン

4こまマンガ097.jpg

トマトは房になっているので取るときは注意が必要だ。
私も切るところをまちがえて青いのも取ってしまった。
置いておけば少しは赤くなるがおいしくない。
周りの農家の人によると、今年はトマトがよくできているらしい。
posted by こっちゃん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

おさかなとキューリ

4こまマンガ096.jpg

先日買った魚はコロダイとサバのように大きいイワシだった。
タイにはシラコが、イワシにはタマゴが入っていた。
魚を調理した日は手が生臭くなるのでハーブをこすりつけている。
しかしハーブの中にカメムシがいたらだめだ。めったにないことだが。
うちのトリはタマゴをやっても、ちっとも玉子を産まないのであった。
posted by こっちゃん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

おかあさんのかわりです

4こまマンガ095.jpg

おかあさんは、はた織り機の縦糸を巻いている。とても大変な作業だ。
糸は10mもあり前の方にモジャモジャと垂れている。
色を順番通りに揃えるのも大変だ。
横糸を綿から紡ぐのも大変だ。
織るのは一番簡単だと言っているが私から見ているとやはり大変そうに見える。
こっちゃんが「グルグル」回しているのはスパゲッティを作る道具だ。
うどん粉で作ればうどんである。
posted by こっちゃん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

ヌカ袋でゴシゴシ

4こまマンガ094.jpg

私も昨日毛糸の物を洗ったのだ。なんとセーターまで出ていた。
だらしないようだが寒い日があったのだ。
母は季節の仕事にきちんとしているので本当なら怒られるのだ。
しかし近頃の異常気象のため厳しいことが言えなくなったらしい。
それとも私が大きくなったからだろうか。
posted by こっちゃん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

ワタのたねをとりました

4こまマンガ093.jpg

こっちゃんの使っている機械は綿繰り機で綿花から種子と繊維を分離する道具。
ローラーの間に綿花を送り、種子を手前に繊維を向こう側にむしり取る。
クロが掃いてしまったのは向こう側に落ちたワタである。
これらの綿花はうちに来た誰かがくれたものだ。
ワタを言えば布団綿と思っている私にとって種入りの綿というのは面白い物だ。
とれた種は全く芽が出ない。古いかららしい。
やはり栽培用のを買って播かねばだめだ。
それにしても綿を育てて種を取り糸を紡ぐのはなかなかたいへんである。
紡ぐのは布団綿が一番だ。
posted by こっちゃん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

ミケちゃん達のおやつの保存

4こまマンガ092.jpg

魚の頭や骨はニワトリも好きである。
残ったら焼いておいてやると次の日も喜んで食べている。
味も分かるらしく、しょうゆや砂糖で煮た物の残りもよく食べる。
要するに、人間と同じ物を食べるのだ。
ところでスズメはまだ庭に居座っている。よく見ていると何組かは親子らしい。
するとモズまで子供を二羽連れてやってきた。(母は三羽だというが)
こちらはスズメより大きな声で騒がしい。
実はトリがたくさん来るように巣箱をかけようか、と冬に話していた。
とんでもないことだ。これ以上住みつかれては。
posted by こっちゃん at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

スズメさん麦を食べました

4こまマンガ091.jpg

今年はなぜか早くに麦を見付けられてしまい、毎日スズメの大宴会が行われている。
塀際に植えたのがまずかった。
ブロックをカウンターにして並んで食べているのだ。
ニワトリにも分けてやらなければいけないので自分のは残りそうにない。
スズメが「つづら」を持って来るのを待つばかりである。
posted by こっちゃん at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

にがいキャベツ

4こまマンガ090.jpg

ちっちゃいイチゴとはよくハーブの苗として売っている「ワイルドストロベリー」
すぐに増えて虫も付きにくい。
キャベツは前回も出た丸くならなかったキャベツ。
ニワトリにやっても食べなかった。
わずかに巻いた中心の方を煮てみたが苦かった。トリが食べない訳である。
このキャベツどうなるか、もう少し残しておこうということになった。
posted by こっちゃん at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

それぞれの収穫

4こまマンガ089.jpg

お母さんが切っているのはツツジ。今が剪定の時期である。
シャクヤクは風で倒れたのだ。花をどこから切るかいつも悩む。
葉を取りすぎると株が悪くなると言うからだ。
キャベツは巨大になったが結局丸くならなかった。
あまりおいしそうに見えなかったのか、ヒヨドリは見向きもしなかった。
「ネギボーズ」はネギ類の花のこと。ニンニクからも同じように出てくる。
posted by こっちゃん at 19:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

葉っぱのうらをきれいに

4こまマンガ088.jpg

これは題の通り、雨で泥水のはねた葉っぱの裏をきれいにしているところである。
土だけでなくアブラムシや、ハダニもつく。
葉っぱを食う毛虫やカメムシもつく。
みんなが葉っぱを食べに来るのを見ていると夏の間だけでも虫になりたいと毎年思う。
根元にしいているのはレモンバーム。
沢山生えているので使っただけで、特に防虫効果などはなさそうだ。
しかし香りは良い。
posted by こっちゃん at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

こんどは おいもです

4こまマンガ087.jpg

これは要するにサツマイモとトウモロコシを植える場所がなかったのだ。
そんなに広い畑ではないのでトマトやピーマン、キュウリなどで一杯になってしまった。
カボチャも場所を取るので残しておかなければならない。
ジャガイモと玉ネギはもうすぐ終わるのでそこに植えておいたのだ。
「おいもはみんななかよし」に科学的根拠はない。
しかし、仲のいい植物、悪い植物があることは本当らしい。
posted by こっちゃん at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

やさいをうえます

4こまマンガ086.jpg

このマンガは要するに、野菜の苗は買ってきたが植えるのはいつになるやらという話である。
お母さんと鳥たちが作っているのは多分トマトの支えであろう。
これに竹を立てたり、キュウリなら網を置いたりする。
お母さんが持っているのは杭を打つハンマーだ。
何も仕事が進んでいない内容だが、1つだけ情報が入っている。
それは夏野菜の植え付けは、ボタンの花が咲く頃、
つまり、暑いくらいになってからするということだ。
そうしないと、夜の寒さに弱いのだ。
posted by こっちゃん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

スイバとキンポウゲ

4こまマンガ085.jpg

キンポウゲの根っこはなかなか抜けなかった。
こっちゃん達も苦労して取ったのだろう。
畑に植えられなくて可哀想だが仕方ない。
やはり食べられるものでなくてはだめだ。
スイバの根っこは黄色いのでおもしろい。
前も言ったがドクダミはお母さんにとって、とても大事なのである。
posted by こっちゃん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

ハブ草の実とドングリの葉っぱ

4こまマンガ084.jpg

ハブ草は冬の間ずっと使わない部屋の隅にあった。
春の大掃除をしていて見付けたのだ。
2コマ、「なに」には、実(種)が20個以上入っている。
地面と同じ色のため落としてしまうと、もうわからない。
芽は6月頃出る。
ドングリ類は本当に今頃葉が落ちて「秋でもないのに落葉掃除」と不満が出るが、
これはとてもよい肥料になる。
posted by こっちゃん at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

おにわのしごと

4こまマンガ083.jpg

ソラ豆の「目」とは花びらにある黒い点のことだろう。
茎が四角く太く強そうに見えるがヒョロヒョロしている。やはり豆なのだろう。
ツルもないので掴まることもできず風が吹くと倒れてしまう。
そこに重いさやが付くから大変だ。
ドクダミは花の咲くころ干すのだが、母はもう採り始めている。
歯茎の腫れは生のドクダミが一番効くそうだ。(歯医者さんには内緒だ)
ちょっと焙ってかんでいると良いと言う。
「こんでるから」取っているのは葉っぱの芽である。
posted by こっちゃん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 4コマ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。